LOG IN

1%の失敗率も1%の成功率も、すべて「50%」という考え方

by 松尾茂起(松尾シゲオキ)

数学に詳しい人からはバカにされるかもしれないけれど、僕はあらゆるコトを50%で考え続けてきた。

たとえば、成功率1%というプロジェクトがあったとする。
その場合、僕は、「成功」か「失敗」しかないのだから、五分五分じゃないの?と考えてきた。

逆に失敗率1%というプロジェクトがあったとする。
その場合も僕は、「成功」か「失敗」しかないのだから、五分五分じゃないの?と考えてきた。


この思考はすごく面倒だ。

なぜなら、失敗の確率が極端に少ないプロジェクトであっても、必ず、失敗したときのことまで考えてしまうから。
0.01%の失敗率くらいなら、ほとんどの人は無視するだろうけど、僕の中では、少しでも失敗する確率があるのであれば常に物事は五分五分なわけだから、0.01%の失敗率が一気に50%にまで拡張するのである。

それは逆をいえば、0.01%の成功率も50%にまで拡張するわけだけど、何にせよ、とにかく心が安まる時間がない。

しかし、そういう性格なのだから、時に慎重に、時に大胆に行動するようになってしまった。


自分という存在が多数の時間軸に存在しているような「パラレルワールド」的な条件があるのなら、1%の成功率の存在もある程度は納得できるのだけれど、自分の世界がひとつしかないことを考えると、そこにあるのは「成功するか」「失敗するか」のふたつしかないわけで。

確率という数字に一喜一憂する生き方ではなく、常に「生」か「死」か的な生き方を選んでしまった。


正直、この思考はものすごく疲れるけれど、なんだかんだそれで人生を乗り切ってきた。
世の中の人たちは確率にどれくらい依存しているんだろう。


マンドリル。


松尾茂起(松尾シゲオキ)
OTHER SNAPS