LOG IN

1%の失敗率も1%の成功率も、すべて「50%」という考え方

by 松尾茂起

数学に詳しい人からはバカにされるかもしれないけれど、僕はあらゆるコトを50%で考え続けてきた。

たとえば、成功率1%というプロジェクトがあったとする。

その場合、僕は、「成功」か「失敗」しかないのだから、五分五分じゃないの?と考えてきた。

逆に失敗率1%というプロジェクトがあったとする。

その場合も僕は、「成功」か「失敗」しかないのだから、五分五分じゃないの?と考えてきた。

この思考はすごく面倒だ。

なぜなら、失敗率が極端に低いプロジェクトであっても、失敗したときのことまで考えてしまうから。

0.01%ほどの失敗率なら、ほとんどの人は無視するだろうけど、僕の中では、少しでも失敗する可能性があるのなら、0.01%の確率であっても50%として捉えてしまうのである。

それは逆にいえば、0.01%という成功率も50%として捉えるわけで、ある種の楽観思考でもある。

何にせよ、この思考はとにかく心が安まる時間がない。

しかし、この思考のクセはもはや変えられないとあきらめ、ある種開き直るような形で、慎重かつ大胆に行動するようにしている。

そんなポリシーで人生を乗り切ってきた。

世の中の人たちは「確率」というものにどれくらい依存しているんだろう。

OTHER SNAPS