LOG IN

「作業」の量をこなすのではなく、「思考」の量こそ増やすべき

by 松尾茂起

よく、「質」より「量」が大事という話を聞く。

だけど、これに関しては、前提を間違えると、ただの時間の浪費になってしまうと思ってる。

というのも、大事なのは「思考」の量であって、「作業」の量ではないから。

僕の経験上、「作業」をいくらこなしても、本質的な能力はなかなか上がらない。

そう思うようになったのは、僕の“ある経験”がきっかけだ。

15年前、僕はある音楽サイトの企画で、100日で100曲を仕上げるという企画に挑んでいた。

仕事が終わったら、毎日深夜0時から朝の4時くらいまでを使って、必死で曲を作った。

で、なんとか、100日で100曲作れた。

すごい達成感だった。

・・・そう、達成感だけはすごかった。

多くの人が「100曲も作ったのだから、さぞかしすごいノウハウが貯まったのでしょう?」と言ってくれた。

でも、僕はその声には明るい返事ができなかった。

なぜなら、自分の中で、何か特別なノウハウが蓄積できたように思えなかったからだ。

むしろ、“ラクをして早く作ること”を憶えてしまっていた。

たしかに、音楽制作ソフトの使い方は飛躍的に早くなったし、ある程度の曲ならすぐに作れるようになった。

でも、自分の作曲のセンス、すなわち「質」が上がったとは、これっぽっちも思えなかった。

今思えば、それはおそらく、「作業」の量だけをこなし、「思考」の量をこなさなかったことが原因だ。

「作業」をたくさんこなすのは危うい。

なぜなら、偽りの達成感があるから。

量をこなせば、なんとなく自分は仕事ができるような気持ちになる。

こなすべきは「思考」だ。

新しい扉を開くべく、徹底的に考え抜く。

そうすれば、やがていろいろなことが言語化でき、本質をつかめるときがくる。

ただ、思考を続けるのはツラい。

思考はなかなか形にならないから。

だから、多くの人は作業の量に逃げてしまう。

でも、作業の量に逃げてはいけない。

思考停止してはいけない。

あなたは「思考」「量」をこなしていますか?

▼2020年11月15日追記

思考において重要なのは「問い」をもつこと。

あらゆる場面で、「なぜ?どうして?」という問いをもつこと。

その問いこそが質を生み出す。

質を生み出す問いのことを「質問」と呼ぶ。

自分の仕事の質を高めたいのなら、自分自身と向き合い、「質問」を投げかけ続けること。

4年経った今、あらためてそう思うのです。

OTHER SNAPS