LOG IN

読書の成果を上げたいのなら、本は「読む」のではなく「使う」という視点で向き合うとよい

先日、「自分はたくさん本を読んでいるのに、全然成長している気がしないんです・・・」という相談を受けた。 その人曰く、普段から活字の本を意識して読むようにしているのだけれど、その本で得た知識を仕事で活用できていないという。 で、「どんな本を読んでいるんですか?」という質問をしてみたところ、僕も過去に読んだことのある本の名前が挙がってきた

Facebook is mushroom.

僕にとって、Facebookはキノコである。 キノコ。 なぜにキノコのスタンプがあるのか。 こんなにキラキラしたキノコ見たことない。 コミュニケーションを加速させるキノコ。 キノコはmushroom。 マッシュルームでマッシュアップ。 Facebook is mushroom.

世の中から数字なんてなくなればいいのに

昨日に続いて「数字」の話。 世の中には「数字」なんかで測ることのできないことはたくさんある。僕自身、数字よりも、自分の直観を大切にすることのほうが多い。 でも、世の中の人は、数字に弱い。マーケティングの仕事をしていると、それを強く感じることばかりだ。 たとえば・・・。食べログの点数、@コスメの点数、Twitterのフォロワー数など。世の中の多くの

「素敵ですね」という言葉を使うようになった理由

最近、「素敵だなあ」って思ったことには、「素敵ですね」という言葉が出るようになった。 たとえば、最近はあるセミナーでご一緒した女性の方の声が素敵すぎて、無意識的に「声がすごく素敵ですね」と伝えてしまった。 昔だったら、「素敵だけど、どんなふうに感想を伝えたらいいのだろう、自分の語彙力のなさが伝わるのは恥ずかしいな・・・」なんて思ってい

1%の失敗率も1%の成功率も、すべて「50%」という考え方

数学に詳しい人からはバカにされるかもしれないけれど、僕はあらゆるコトを50%で考え続けてきた。 たとえば、成功率1%というプロジェクトがあったとする。その場合、僕は、「成功」か「失敗」しかないのだから、五分五分じゃないの?と考えてきた。 逆に失敗率1%というプロジェクトがあったとする。その場合も僕は、「成功」か「失敗」しかないのだから、五